サファリコンセプト

お客様を大切にしたい。
そして、それ以上に従業員を大切にする経営をしたい。

私は28歳の時に独立を決意し、京都で「石焼地鶏 石庵」という小さなお店を立ち上げました。元手は何もなく、一つの志だけを持っての独立でした。

「お客様を大切にしたい。そして、それ以上に従業員を大切にする経営をしたい。」

今私たちは少しずつではありますが、店舗数を増やしています。それにともない、多くの従業員との新たな出会があり、たくさんのお客様を日々お迎えするようになりました。

『会社が大きくなることも大切ですが、
より良くなることの方がもっと大切であると考えています。』


そのためには、会社と従業員は、雇う雇われるという「支配・被支配」の関係ではなく、従業員が本当に共感できる、誇りを持てるようなビジョンをかかげ、全員が一丸となって一つの目標に向かって頑張れるようなチームであり続けられる環境をつくることこそ、経営者の第一の使命であると確信しています。

これから会社が大きくなったとしても、従業員そして、お客様との出会いを大切にし、小さかったあの創業時の気持ちをいつまでも忘れることなくあり続けたい。

サファリグループ  代表
田中  勇輝

サファリストーリー

 

「MADE IN JAPAN」に対する誇りと自信

私が飲食業界を志すきっかけになったのは、大学を卒業してアメリカへ留学した時の体験からでした。

当時、私は旅行ですら海外へ行った経験はなく、初めて降り立った異国の地で目にした光景はすべて新鮮なものでした。
街へ出ると、日本企業のロゴマークがついた車を何台も目にし、ショッピングセンターに入ると日本ブランドの電化製品が所狭しと並んでいました。それまで日本の国のことなど真剣に考えたこともなかった人間が、「世界の中の日本」を感じた最初の光景でした。そこに「MADE IN JAPAN」に対する誇りと自信を覚えたのです。しかしながら、日本の製品は巷にあふれているにもかかわらず、日本という国がどんな国なのか、どんな文化を持っているのか、日本そのものに関心を寄せる人はごくわずかでした。
そんな中、友人たちと日本食レストランで食事をする機会が訪れました。私以外はみんな外国人です。すると、食事が進むにつれて、今まで日本のことなど興味のなかった友人たちが質問をしてくるのです。「どの辺にある国なの」「首都はどこ」あるいは「忍者はいるのか」、そんなとりとめもない単純な質問にも嬉しさを感じたのを今でも覚えています。「食」を通じて日本に関心を示し、日本という国やその文化に親しみを感じるようになってくれたのです。「食は文化である」という言葉がありますが、私はそれを単なる言葉ではなく、皮膚感覚で理解することができました。そして、その時いつしか日本食を通じて世界に日本の文化を伝えることで身を立てようと決意したのです。
それから数年後、サファリが日本で産声をあげてから8年の時を経て、2008年8月アメリカはワシントン州シアトルにおいて、「JAPANESE STONEGRILL『ISSIAN』SEATTLE店」をオープンさせることができました。
本当に多くの人たちの支えと従業員の頑張りで夢を現実のものとすることができました。

「想いは必ず叶う」

心からそう感じた瞬間です。